トップ / 二次会の服装の小物の選び方

二次会の服装の選び方

二次会の服装の小物の選び方

小物選びのポイントとは

二次会の服装は、「小物選び」がポイントです。それはなぜなのでしょうか?その理由と、選ぶべき小物についてお話していきます。

<小物一つで、「結婚式用の衣装」となる>
パンツスーツのところでも軽く触れましたが、結婚式の装いというのは、「小物」が非常に重要です。小物一つで、バッドマナーになったりOKになったりします。その意味では、結婚式の二次会においては、「小物」というのは、ドレスと同じくらい重要なポイントである、と言えるのかもしれません。

では、どのようなものがおすすめなのでしょうか?

<避けた方がよいもの、つけた方がよいもの>
結婚式では、明るい色を選ぶのが基本です。特にドレスがダーク系の色合いであるのならば、上着で華やかさを出すようにしましょう。また、防寒の意味合いもありますから、冬場の二次会ならば暖かいものを選ぶようにします。

ちなみに、これから先何回か結婚式に出る、という場合は、ショールを複数枚持っておくと便利です。ショールとカバンを変えることで、同じカテゴライズ(たとえば中学時代の友人であるとか)の友人の結婚式でも、イメージを変えて参加することができます。

カバンは、差し色として考えるようにします。ただし、二次会の場合は、それほど大きなカバンは持ち歩かないのが普通です。カメラと携帯電話、サイフ、ハンカチくらいが入るサイズにしましょう。遠方からの出席の場合は、大きいカバンに小さいカバンを入れて、会場前にクロークに預けて。

アクセサリーは華やかなものを。特にパンツスーツを選ぶ人の場合は、大振りのビジューを選ぶとよいでしょう。生花は、確かにかわいいのですが、新郎新婦からの特別の要望がない限り避けた方が無難です。

© Copyright 結婚式の二次会の服装の決まり. All rights reserved.