トップ / 二次会にパンツスーツはありか?

二次会の服装の選び方

二次会にパンツスーツはありか?

パンツスーツを着ていく時の注意

結婚式というと、「振袖」や「ドレス」が一般的でしょう。しかしそれ以外にも、「パンツスーツ」という選択があることも忘れてはいけません。

なお、ここでは「パンツスーツ」としていますが、ドレッシーな雰囲気を持つものも含んでいます。

<パンツスーツ、その選び方のポイントは?>
パンツスーツは、甘くなりすぎないところが魅力の一つです。結婚式の二次会のなかで、あえてパンツスーツを選ぶのも選択肢の一つだと言えるでしょう。また、非常にラクです。「自分で車を運転していく」という人の場合、実用性の面からもパンツスーツがいい、ということも。

パンツスーツを結婚式で選ぶ場合は、デザインや素材にこだわり、「華やかさ」を出すのがポイント。柔らかなフリルをあしらったものや、明るい春色のものなどを選ぶとよいでしょう。また、パンツスーツの場合、どうしてもドレスに比べて色合いが落ち込むことが多いので、アクセサリーは必須。特にネックレスは、大きめで華やかなものをチョイスするようにします。

<こんなパンツスーツはダメ!>
パンツスーツは、あくまで「結婚式用のもの」を選ぶことが重要です。リクルートスーツでの列席は避けるようにします。
もちろん、「絶対だめ」ではありませんが、特に、ある程度年齢のいった人ならば避けた方が無難です。結婚式用のパンツスーツを購入しておくとよいでしょう。

黒色は判断の分かれるところです。「アクセサリーなどで華やかさを加えればよい」とする説も多いのですが、「黒色はNG」と考える人もいます。

黒いドレスに華やかなボレロをあわせていた女性が、新郎新婦の親族から「結婚式に黒なんか着て……」とひそひそ言われた、なんてことも。黒を選ぶのであれば、やはり、アクセサリーや上着に気を使い、「全身真っ黒」にならないように注意が必要です

© Copyright 結婚式の二次会の服装の決まり. All rights reserved.