トップ

二次会の服装の選び方

結婚式の二次会の服装の決まり

結婚式の二次会でNGな服装とは

大切な人の晴れの日をお祝いする結婚式。このときにどのような装いをするか、というのはとても重要な問題です。とても素敵な景品を選ぶことが出来ても、バッドマナーとされる恰好をしていけば、それはあなた自身が恥ずかしい思いをするだけでなく、新郎新婦や幹事の品格が疑われることにもつながってしまいます。
結婚式の二次会で望ましい恰好についてみていきましょう。

<絶対だめなのはこの恰好!>
結婚式は、お葬式の場ほど服装には厳しくないと言われています。
ただ、絶対にNGとされる服もあります。それは、やはり「白」を基本としたドレス。これは花嫁の白と被るため避けるべきです。

<肩出しドレスなどは場を選んで>
きちんとしたイブニングドレスは、夜の二次会ならばOKです。しかしそれ以外なら、ミニ丈のスカートをはじめとして、イブニングドレスのように肩が開いた格好は避けるようにします。このように、「時間」によってまとうべき服が変わるので注意も必要です。一応羽織物を持っていくと、その場の雰囲気にあわせて変えられるのでよいでしょう。

「ファーも、殺生を表すからだめだ」という意見もあります。しかしながらこれについては、専門家でも判断が分かれているのが現状です。華やかに見えるのでNGではない、としているところもあります。

特に小物の場合は、バッドマナーだと言われないことも多いようです。特に、「披露宴や挙式」ではなく、「二次会」なら許容されるケースも多いです。ただ、無難にいきたいのであれば避ける方がよいかもしれません。

バイカラーも、「別れる」という意味があるのでNGとされることも。黒いドレスもなかなか扱いが難しいことは念頭においておきましょう。
会費をむき出しのまま持ち込むわけにはいきませんから、小さなカバンも持ち込んで。

© Copyright 結婚式の二次会の服装の決まり. All rights reserved.